不倫にはリスクがあると言いますけど、どんなリスクがあると思いますか?
私自身、相手の奥さんから慰謝料を請求されるということくらいしか知らなかったので調べてみました。
意外と驚くリスクが多かったのが印象的でしたね。

慰謝料

これは当たり前ですよね。
相手の奥さんを傷つけているわけなので、慰謝料請求されるのは当たり前だと思っています。
でも、もし不貞行為がバレて相手の奥さんに訴えられかけて示談をする時、数百万のお金がかかることまではさすがに知りませんでした。
しかも、この金額って性行為1回でも行ったら示談金が数百万になる可能性もあるんです。

法廷で性行為の詳細を事細かに証言

こちらも知らなかったのですけど、裁判を起こされた場合に「どのような不倫をしたのか」と聞かれるそうです。
そこで性行為の回数、どのような肉体関係を持ったのかなどを法定で証言しなければいけないようです。
流石に、私もこれは嫌だなと思いますね……。
だって、他の人に自分たちの性行為を説明しなければいけないのですよ?
女性にとっては屈辱的以外の何物でもないですよね。
私だったら、法定でそんなことを話されるなら相手の言い値で示談をすませたいなって思います。

ホルモンバランスを崩す

不倫って意外とストレスがかかるみたいです。
将来への不安などもあるのでしょうね、過食や食欲不振といった症状も現れ健康にも大きな影響が出るんです。
インターネット上の情報ばかりですけど、私って主人にも不倫相手にも恵まれていたんだなとつくづくしました。

職場を失う

職場で不倫をしていた人たちは、基本的に守られるのは上司です。
そのため、不倫が発覚して問題になりそうなら部下の方が切り捨てられます。

解雇や左遷はなくても、職場環境を悪化させて混乱させた場合は最悪解雇が認められることもあるようです。
そうでもなくても、不倫が発覚した後に同じ会社に居続けられるほどメンタルが強い人はなかなかいません。
職場で不倫をしていてバレた場合は仕事を失うと考えておきましょう。

これだけのリスクがあっても、やめられないのが不倫です。
人間は妙な確信を持つクセがあり、リスクがあると言われても「自分だけは大丈夫」という自信が出るのです。

実際に特定の人だけは大丈夫ということはありません。
私だっていつ不倫がバレるか分からない状態なのです。
不倫していることを安易に考えるのはやめましょう。

不倫関係を続けるのであれば覚悟を持つこと、覚悟が持てない場合は不倫関係をやめること。
ある意味では、これらは必須と言っても過言ではないかもしれません。

不倫がバレた時は、ドロドロの修羅場がやってくると考えておきましょう。
下手をすれば自分の両親さえも巻き込むことになるかもしれません。

バレないための対策はありませんが、バレた時のために覚悟をしっかり持っていてください。
相手の奥さん、自分の夫を傷つけるのですから最低でも覚悟くらいは持ちましょう。